エムール会員なら毎日ポイント3倍!

エムール会員なら毎日ポイント3倍!

EMOOR
商品検索

テーブル

テーブルはリビングの顔であると同時に実用性も求められる重要なインテリアです。デザインはもちろん、用途に合わせた「サイズ」に注目すると、お部屋での生活がぐんと豊かになります。ポイントを押さえて、あなたにピッタリのテーブルを選びましょう。

目次

  • 商品一覧
  • 関連カテゴリを見る

よくある質問/選ぶポイント

Q1:テーブルを選ぶポイントは?

A1:幅・高さ・デザインや素材をポイントに選びましょう。

サイズに関してはまず、テーブルそのもののサイズを考えます。食事をするときに快適な1人分のスペースは一般的に約幅60~70cm、奥行30~50cmといわれています。これを基準に、使用する人数をかけて、必要なテーブルの大きさを算出しましょう。次に、テーブルを置くのに必要なスペースを考えます。テーブルやイスの大きさに加え、イスを引いたり人が通るためのスペースも確保する必要があるからです。イスに座ったり、出し入れに必要なスペースは約70~80cm、座っている人の後ろを通るために必要なスペースは約60~90cmといわれています。お部屋の寸法を確認して、快適に暮らせる動線づくりにも気をつけましょう。

Q2:サイズ選びのポイントは?

A2:食事をするときに快適な1人分のスペースは一般的に約幅60~70cm、奥行30~50cmといわれています。

前述した通り、1人で使う場合は幅60~90cmのコンパクトサイズがおすすめ。幅100cmくらいあると2~4人でも使いやすいサイズです。複数人で使用する場合は、約幅60~70cm、奥行30~50cmを基準に人数をかけて最適なサイズを算出しましょう。ソファと合せる場合は、ソファの幅より小さめなものを選んで、スムーズな動線を確保しましょう。奥行は40cm前後あると、余裕をもってPCや本、ノートを広げて作業したり、食事ができるのでオススメです。

Q3:高さ選びのポイントは?

A3:フロアに座って使う場合は、30~42cm程度の高さがオススメです。

フロアに座って使う場合は、30~42cm程度の高さがオススメ。食事にも作業にもちょうど良い高さです。ソファに座って使う場合は、「ソファの座面高+0~5cm」がちょうど良いですが、テーブルで作業をする方には「ソファの座面高+8~20cm」が便利。フロアでもソファでも両方で使用する場合は、38~42cm程度の高さを選びましょう。

Q4:デザイン選びのポイントは?

A4:ほかのインテリアと同素材・同カラーのものを。ソファと合せて使う場合は脚を揃えるのがオススメです。

木の種類によってカラーや見た目の印象が異なり、お部屋の雰囲気が左右されるため、素材に注目して選びましょう。他のインテリアと同素材や同カラーのものを選ぶとお部屋全体に統一感が出るのでオススメ。ソファと合せて使う場合は、「ソファとテーブルの脚を揃える」のもポイントです。木製やスチールなど素材・色を合わせることでぐんとおしゃれになります。

テーブルの人気ランキング

おすすめ商品一覧

19件中 1-19件表示

人気の棚付き折り畳みテーブルに小ぶりサイズが登場!ミニマルライフ。 ウォルカ 天然木 棚付き折りたたみテーブル 省スペース/長方形(レクタングル)

価格 ¥ 9,990 税込
  • 折りたたみ
  • 送料無料
  • コンパクト

生活スタイルに合わせて選べるサイズ。普段使いはもちろん。スリムに収納も出来る折りたたみテーブル 【Walka】 小ぶりの折りたたみテーブル 長方形/Sサイズ

価格 ¥ 5,990 税込
  • S
  • 折りたたみ
  • 送料無料

人気の棚付き折り畳みテーブルに小ぶりサイズが登場!ミニマルライフ。 ウォルカ 天然木 棚付き折りたたみテーブル 省スペース/楕円(オーバル)

価格 ¥ 7,990 税込
  • 円形
  • 折りたたみ
  • 送料無料
  • コンパクト

日本製 ひのき 折りたたみ オーバルテーブル テーブル オーバル 折畳み 折り畳み 木製 ローテーブル リビングテーブル おしゃれ【送料無料】 エムール

価格 ¥ 29,900 税込
  • 折りたたみ
  • 送料無料
  • 日本製
在庫切れ
19件中 1-19件表示