エムールが考える、睡眠のこころがけ十ヶ条 | EMOOR エムールオンラインショップ

トップページ > エムールの睡眠・寝具の教科書 > 睡眠のこころがけ十ヶ条

エムールが考える睡眠の心がけ10か条

エムールが考える、睡眠の心がけ10か条。毎日の睡眠の事、じっくり考えてみませんか? 睡眠時間は人それぞれ。日中の眠気で困らなければ十分

寝すぎも、寝なさすぎも良くない、平均は7.5時間だが個人差がある。
年齢を重ねると必要な睡眠時間は短くなる。

寝る前の準備は大事。お酒やたばこは避けてリラックス

就寝4時間前のカフェイン摂取や、就寝1時間前の喫煙は控える
軽い読書や音楽、ゆったりとした入浴、
ストレッチなどでリラックスを

眠くなってから布団に入る。就寝時刻にこだわらない

眠ることに対してプレッシャーを感じなくてもいい。眠くなったらふとんへ
意気込みがありすぎると、かえって脳がさえて寝つきが悪くなる。

なるべく同じ時間に毎日起床

早寝早起きではなく、早起き(体内時計のスタート)が早寝に通じる
日曜日に遅くまで寝ていると、リズムが狂い月曜日がつらくなる。

光を上手に活用して良い睡眠を。

目が覚めたら、陽の光を見て体内時計をスタートさせる。
夜は、寝る前にはブルー系ではなく、オレンジ系の光にする。

3度の食事と適度な運動を。

朝食は心と体の目覚めにとても重要。夜の食事は軽めに。
ストレッチなど適度な運動は、熟睡につながります。

お昼寝は15時までに、最大でも30分以内に

起床から8時間後くらいから眠くなるので、
7時に起きている人は15時前までに15分から20分の昼寝を。
夕方以降の昼寝は、夜の睡眠に悪影響が。

眠りが浅いときはむしろ積極的に遅寝・早起きを。

寝床で長く過ごし過ぎると熟睡感が減る。
眠れなかったら寝床を出て、眠くなってから寝床に入るように。

寝具はマスコミに踊らされず、自分に合ったものを選ぶ。

敷き布団や枕は寝だめしてみて、自分に合ったものを選ぶ
きちんと接客をし、アドバイスをしてくれるお店だと安心。

寝床内は温度で33℃前後、湿度で50%前後が最適

季節に合わせた寝具で適温を調整すること。 眠ると汗をかき体温は下がる。
吸湿発散性がよく「蒸れづらいもの」 「保温をしてくれるもの」
を選ぶように。

すぐに変えられる睡眠習慣。ちょとした心がけで毎日元気に過ごせたら。エムールが皆さまの快適な睡眠wおお手伝いします。

年間2万セット以上販売!エムールの布団セットエムール ボディサポーターエムール ベビー布団セット関東翌日配送 すぐに届く布団セット・寝具

エムールのお昼寝ふとん 保育園・幼稚園にもぴったりデスクでお昼寝できるクッションデザイン照明 テーブルライト/スタンドライト【月タイプ】エムールの新生活寝具・家具特集




現在登録されている商品はありません


エムール 寝具ベーシックアイテム
湿気を発散して快適にエムールのすのこベッド スタンダード 折りたたみテーブル ウォールナットベビー布団選びに迷っているママ・パパへ エムールのベビー布団特集  
洗える布団シリーズ エムールオリジナル布団カバーが洗えるコペル
  エムール流、タオル女子のススメ特集ページ登場!海にプールに女子力UPにオーガニックコットンベビー寝具シリーズ『プリエール-Priere-』 ボディサポーター